関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信

せっかくならばビジネス本はたくさん読んだほうがいいと思う

どうもNaokingです。

だんだん季節も冬に近づいてきましたね。

今年ももうすぐ終わりです。

ってことで、秋といえば読書の秋ということで

今日のBlogはこちら

【せっかくならばビジネス本はたくさん読んだほうがいいと思う】

f:id:Naoking0321:20191107181909j:plain

もっとキャッチーな言葉ね~のかよと思いながらも

今日のテーマはビジネス本です。

 

 

ちょうど今日1冊読みました

『転職と副業のかけ算』って本です

R25Twitterとかで有名なmotoさんのビジネス本ですね。

すごく読みやすかったです、結局今日読みだして数時間で終わったかな

 

Voicyとかも聞いてるのでmotoさんのビジネスの進め方は知っていましたが

断片的に見てた情報がストーリとして読めたのは価値があったかなと思います。

 

Blogでも参考になった本はいろいろ紹介していこうと思ってますが、そもそも売れてる本なんで私が説明するまでもないな・・ってのもあるので、本の紹介してるBlogみたらネタが今ね~んだな程度に思ってください(笑)

 

さてビジネス本を読むことを進めてますが、実は1年ぐらい前までは、ほとんど読んでなかったです。

というのも20代後半に出会った本(Blogの初めての投稿でもこの話題に触れてますので是非読んでみてください)が私にとってのバイブルになってしまいましたので!!

 

その後、何冊か本を読んでもしっくりこない。または同じような事が書かれてるし、結局毎年ベストセラーが出るという事は、成功パターンは無いんだな・・ぐらいの感覚で思っていたので本を読むことから遠ざかっていました。

 

本を改めて読むようになったきっかけなのですが

1年ぐらい前に前職の後輩と飲みに行ったときにサラリーマンとしてベテランの域に達してきたそろそろOUTPUTをどうしていくかという話になりました

ただ、自分が知っている以上に世の中が変化している事を気づいているのか?と後輩に質問されこのURLのチンパンジークイズをやったんですね

自分の理解と現実にGAPがあることを知りました

https://factquiz.chibicode.com/

 

そこでこの本を読んでみたんですよ

この本最初の数TOPICは、成程な~って思うんですけど、正直しつこいんですよね。

どうせ僕が思ってた状況と世界は変わってるんでしょって後半は惰性で読みましたが

 

ただ気づかされたことが有ります

自分が思っている以上に世の中は変わっているし

その情報を知りえることによってビジネスチャンスを他人より早くつかめる可能性があるという事です。

 

ただ、正直1500円程度払って、大した内容が書いてない本も非常に多いし

読みきるのにそれなりに時間がかかるので無駄だな~って思いますよね。

 

そこで私はこんな風にしてます

・まず大前提はAmazon Unlimitedでサブスクリプション費用だけで読める本を選ぶ

Kindleで読めるのでサイズもかなりコンパクトですし場所を選ばないですよね

・興味を持った本は、買ったその日にメルカリ/ラクマに出品する。(読み切る時間に制約を付けて読むことで本を読むことを優先しだします)

これで正直ビジネス本にかかるお金は本当に安く済みますよ

 

Unlimitedはたまに3カ月199円とかのキャンペーンしてますし

それなりに流行りの本は1500円でかって1300円程度で売れます。送料手数料引いても500円程度で知識を得ることが出来きます。

ちなみに余談ですが上記で紹介したmotoさんの本はラクマで500円のクーポンがあったので1280円で買って(実質780円)1300円で売れてます。送料分は費用負担してますが成功者の知見を得ながらむしろお金はもらえている状況なんですね

 

あとUnlimtedの本は、かなり流し読みで多数読むほうがいいですね。

実際面白かった本として『お金2.0』や『破天荒フェニックス』などの今でも普通に書店で売れている本もUnlimitedの対象ですので・・逆に落合先生の本は私には合わなかったので途中でやめましたね。

 

昔に比べて読むかどうかわからない無駄な投資が抑えられる環境が

既に出来上がってるんですね。

 

流し読み中で大事だなと思ったら携帯で写真を撮り、後でまとめることで知識も

頭に残りますし、常に多くの情報が入ってくるのでビジネスにおけるモチベーションもKeepできます。

 

結構本読んでないな~と思われた読者の方がいらっしゃれば電車の中でスマホをいじらず是非Tryしてみてください

きっとビジネスが良いほうに転がると思いますよ 

 

ではまた