関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信

新規開拓コールのアポイント精度を上げるための四苦八苦

どうも、Naokingです。

昨日に引き続き今日もBlog書いてます。

 

今日は前回2回の流れから少し過去を思い出して

こんなテーマにしました。

【新規開拓コールのアポイント精度を上げるための四苦八苦】

f:id:Naoking0321:20191029205627j:plain

新規開拓

 

転職により、キャリアアップをしていく事も良いですが、地道に周りの評価を得ていく事も非常に大事ですよね。

 

一番最初のBlogでも書きましたが東京から関西への異動は立候補だったんですね。

まぁ関西地元なのと、家庭的にも色々あったので・・

 

なので関西の部門との事前面談があったのですが、その時に聞いた限りだと

ちゃんとミッションもあり、少し仕事は変われど、まぁ大丈夫かな程度の感覚でした。

 

ただ・・いざ、関西の部門に着任すると、ミッションは新規開拓でありまして、過去取引のあったユーザや四季報からのテレマーケティングなど、かなりしんどいミッションが待ってました。

そこであみ出した新規開拓コールで恐ろしくアポイント率が上がる戦略を共有します。

 

一般的なNewCallってこんなイメージですよね?

代表電話へコール

→もしもしABC株式会社のXYZと申します。WWWという商品(サービス)を扱っておりまして、関係するIT部門の方へ取り次ぎいただけないでしょうか・・?

 

ユーザAction

①レセプションから)申し訳ありません、そのようなコールに関してはお断りしております

②取り次いでいただくも、IT担当者から)申し訳ないけど今必要ないので、また機会があれば(もしくは資料だけ送っておいてください、興味があれば連絡します←絶対ない

 

これって主従関係が完全にできており、しかも今抱えてる課題に完全にマッチしない限りユーザ部門も、初めましての方からいきなり話なんて聞かないですよね(しかも毎日のように似たような話を聞かれている人たちって結構決定権ないし)

 

なので、私はこんな感じでアポイント取ってました。

→もしもしABC株式会社のXYZと申します。代表電話への連絡申し訳ありません、IT部門の山田様(佐藤様)におつなぎいただけないでしょうか?

 

ユーザAction

①まずレセプションは固有名詞でリクエストしてきているので、IT部門へつないでくれます。

②当然山田さんや佐藤さんがいないので、いる場合もありますが)ITの方の電話の出方が変わります。

よくあったパターンは以下

 

→お電話変わりましたITのABCです。ご連絡いただきました山田(佐藤)なのですが

X年前に退職(異動)となっておりまして、どのような御用でしょうか?

 

※さすが、日本で1・2番を争う山田さんと佐藤さんです、以前にその名前の方がいらっしゃった実績の会社が非常に多かったです。

 

こちらのリアクション)退職(異動)されておりましたか?実は私ども同様でして前任の担当が退職しており、急ぎ退職してしまった為、引継ぎ書のみしか手元にありません。そこに御社のカウンターの方の名前が山田様(佐藤様)と記載があったのでご連絡させていただいた次第です。

 

もうすでにご退職されているとのことですが、現在インフラをご担当されている方にお替りいただけないでしょうか?

 

幸いな事に私の前職は財閥系のIT会社であったので会社名については、怪しまれなかった手前大抵の場合、これでアポイントまではこぎつけられます。

 

まぁその後は実力が必要でしたけどねOnz

 

さて、今回利用した人間心理として以下のような心境になったのでは無いでしょうか?

・コンタクトしてきた人は、(自分は知らないが)以前より会社として交流があった人である。

・過去のやり取りを知らない手前、むげには扱えない。

・挙句(自分は知らないが)過去実績があった(っぽい)ので訪問拒否する事も失礼

・いったん話を聞いてみるか?

 

今改めて文面にすると完全に詐欺師の手順ですね(笑)

ただ当時は、部屋にこもりNewCallをかけるも、全然取り次いで貰えず、心が萎えていた状況だったので、打開策としてまずは会って話をする・・という事を考えた際には非常に有効でした

 

まぁ最近はあまりこのような新規開拓営業とかなくなってきてるのかもしれませんが(知らんけど)

もし悩まれている方がいらっしゃればぜひ参考にしてみてください

 

ではまた