関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていて感じたことを発信していきます。主に副業や投資、外資系への転職(各社に転職した友人の採用までの方法等)・・英語や筋トレ そして仕事での成功体験など皆さんに有益な情報を発信できればと思っています

【転職】IBMの女に気をつけろ!?

どうもNaokingです。

今日は午後から出張という事もあり、家で仕事かねがねBlogも書いてます。

昨日オフィスに行って久しぶりに同僚とゆっくり話をしたのですがそこで思い出したことを書きますね・・ってことで

f:id:Naoking0321:20200226095529j:plain

【転職】IBMの女に気をつけろ!?

ちょっとダイバーシティに引っかかりそうなタイトルではありますが外資系IT企業で働いていると様々な方が転職していきそして来ます。

その中でいつも!?と思っている事を少しお伝えしますね。

 

ということでまずはこの会社

IBM】皆さんご存知ですよね

IT業界にいなくてもIBMといえば一流のIT会社というイメージをほとんどの方が持たれていると思います。

 

Wikiを見るとこんな感じ

IBM:International Business Machines

1950年代に黎明期のコンピュータ市場に参入し大成功、世界最大のコンピュータメーカーに成長した。現代では大型汎用機(メインフレーム)として知られる業務用の大型コンピュータ製品で過半数を大きく超えるシェアを維持し、1980年代まで業界の「巨人」として君臨した。

 

当然今でも現役ですが、PCやServerの会社から最近では量子コンピュータやWatsonというAIインターフェイスのほうが有名なイメージでしょうか?

 

www.ibm.com

www.ibm.com

 

とても優秀な会社だと思います。

 

IBMの文化

これが素晴らしいところなのですが、外資系にしては非常に珍しく人を育てる文化が根付いています。直近は知りませんが、新入社員は研修が1年ほどある・・という話もきいており、人に投資をしてくれるようです。その結果として社員個人と会社の方向が同じ方向を向きやすいようで、総合力で案件を取っていく姿はまさしく巨象といった感じでしょうか?

 

最近のIBM

ただ傍から見ていると、最近はもう何の会社なのかよくわからないなと思う事があります。

例えば皆さん昔はThink padってPC使ってませんでした?

あれも既にLenvoに売り払ったいましたよね。XServer系も確か既に自社製品ではないはず・・

AIXというUnix系のOSをお持ちなので今でもIBMのホストで決算処理を!!とか金融系に強いシステムを継続してやられてますが、何処を収入源にしているのか・・と聞かれると??な感じがします。

Cloud Serviceも正直パッとしないですしね。

最近Linux大手のRedHatを買収したのが大きなニュースになりましたがOpen Shit 等の機能をどこまでIBMが活かしてくるのか楽しみではあります

 

japanese.engadget.com

IBMへの転職方法

細かくは調べていないですが、確か転職エージェントとかには募集は回ってこないはずです。私はLinked in経由で一度人事の方からコンタクトがありました。
ちょっと新しい組織の募集だったのでトラディッショナルな方々の部隊では無かったですが、空気感を変えたいという意気込みを持たれていらっしゃいましたね。

興味がある方はダイレクト申し込みをすればよいのではないでしょうか?

www.ibm.com

 

そしてIBMの女には気をつけろ・・

まず外資系に転職すると気づかれると思いますが、流石巨象、元IBM出身者がどこの会社でも多いと思います。

しかもシニアリーダーシップクラスにIBM出身者が多いです。

少し余談になりますが、元IBMで結構早いタイミングで転職されて

その会社のシニアリーダーになられている方はいいのですが、

・結構最近までIBMにいました。

・転職で最初からそのクラスで転職してきました・・ってかた結構な確率で使えないことが多いです

(お前に言われたかないよと突込みが来そうですが)

まぁそうですよね。

 

もはや何の仕事か分からなくなって、ぐちゃぐちゃになるまで居座ってた方がとうとう残れなくなって転職してくる・・

ただずっとそこで頑張っていらっしゃったので、それなりのポジションを経験されていらっしゃる。

結果、一足飛びに転職先もいいポジションからスタートされる傾向が強い気がします

人事部、名前だけじゃなくてちゃんと人を見ろよ!!と思う事多しです。

ちなみに最近のOracleさんからくる方もそんな感じがしますね・・

 

そして今回の主題です

なぜIBMの女に気を付ける必要があるのか?

特に私は30~40代の女性が転職してきた時は注意が必要だと思ってます。

まず

IBMファミリーは家族意識が強くしかも一枚岩でやってきた人が多いので既に転職してきているシニアリーダのえらいさんと顔見知りの場合が多い。(わしの可愛い娘的ポジション)

 

・30代後半から40代の女性は就職氷河期をくぐりぬけてきています。そしてIBMに就職しており、最大手で働くことに誇りを持ってこられた方が多くプライドが高い

 

IBMは組織がしっかりしている為、個々の仕事が細分化されている事が多いです。その為スペシャリスト色が強い。ただ転職先ではそこまで組織が出来上がってない事が多く、沢山の仕事をこなさないといけない状況が多い。

その場合、パフォーマンスを出せない事が多い。

 

・にもかかわらず、トラディッショナルなマンパワー営業(そう教え込まれてきた?)

 

・最後に女性という力を結構使ってきます

 

私が見てきた経験からすると、

・配属されたチームのマネージャへの距離感を詰めるのが早い。

・その人の評価が周りのチームから悪いと感じると捨てるのも早い

・その際にはシニアリーダチームにいる顔見知りに直接コンタクトし中間層を貶めるのが早い

 

私的には楽しく仕事ができないんです。

私は和気あいあいと仕事がしたいんですOnz

 

まぁとても優秀な方々だと思うので私のような人間がそもそも・・なのかもしれませんが、

もし外資系ITに転職されて同僚や上司が元IBM+女性であれば少し気を引きしめて

おいても良いのではないでしょうか

 

ではまた