関西で働く外資系IT企業(GAFAM)サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていて感じたことを発信していきます。主に副業や投資、外資系への転職(各社に転職した友人の採用までの方法等)・・英語や筋トレ そして仕事での成功体験など皆さんに有益な情報を発信できればと思っています

【時間術】なぜあなたの仕事は終わらないのか?

どうもNaokingです。

では今日も読んだ本の気になったポイントをまとめていきましょう

って事で今日のテーマはこちら

【時間術】なぜあなたの仕事は終わらないのか?

本日の著書

 

マイクロソフト伝説のプログラマーである中島さんの著書です。

中島さんはWindows95の時代にマウスの右クリックの動作等、PCの基礎となる部分を開発した方となります。

 

こちらの本の中で最も響いた言葉は

人生を制する者は人生を制する

知る事だけでは不十分、やる気だけでは不十分、行動しなければ意味が無い

 

作者のメッセージはココなのかなと思っています

 

天から与えられた時間は皆平等

当たり前ですが、例え大金持ちも貧乏も天から与えられた時間は皆平等です

 

それゆえ人の能力が急に向上する事もなく、しっかりと自分の意志『自分のやりたい事』に誠実に向き合う事が大事です

それにより幸せは手に入ると作者は言います

 

何故仕事が終わらないのか?

仕事が忙しくて仕事が終わらない

そんな人は自分が見積もっている作業の時間見積もりが甘すぎます。

学校のテストでも前半は簡単な基礎問題、後半は応用問題と言う構成が多いですが、この応用問題にかかる時間の見積もりをミスり、いつまでたってもあなたは忙しさのサイクルから抜ける事が出来ないのです。

 

以下の3つを意識してみよう

①安請け合いをしてないか?

②ギリギリまでやらずに放置していないか?

③計画を甘く見積もらない

 

仕事において必ずやり直しは発生します。

まずはプロトタイプを作り共有する、この感覚が大事

 

自分の中での締め切りを作る

仕事にトラブルはつきものです。

明日にこの仕事をしよう・・そう思っても急ぎのタスクが翌日に入ってしまい、週末までに片付ければいいや・・

そんなこんなで締め切りを迎えてします。

こんな経験ありませんか?

 

時間をコントロールする事は出来る人と言うのは

①リスク測定ができる

②目に見える形のモノ(70%程度の出来)をまずは作る

③先行して作成した事により締め切りまでに誤差に対応できる

応じてこのプロセスが出来ています。

 

ただ真理としてはやりたい事をやる為にはやりたくない事を急ぎ終わらせてその時間を作るしかありません。

まずは先行して出来うる範囲の作業を急ぎ終わらせる意識を持ちましょう

 

ラストスパート思考が諸悪の根源

見積もりはあくまで見積もりです、その見積もり通りに事が進む事の方がレアです

まずは最初の2日で8割の事をなんとしても終わらせましょう。

著者は集中して界王拳20倍で作業に集中しようとおっしゃっています。

考えてから行動するのではなく行動しながら考えるこの感覚が大事です。

 

目的のない勉強はしない

何となく将来役に立ちそう

こんな気持ちで取り組む勉強は全くの無駄です。

理想はやりながら覚える

この感覚です。

自分が興味のある事であればまずはやってみる

集中は、自分が好きだからこそ自然に出来る事となります。

 

まとめ

本書は時間術を知りたい方からすると肩透かしを感じると思います

何方かと言うとメンタルに刺さる言葉をこの本から多く受け取る事が出来るでしょう。

本書の中で筆者が強く言いたい事は以下かと思います。

『自分が楽しいと感じる行動をしないと人は幸せにはなれない』

今の仕事に不満がある方は読んでみる事をお勧めします

 

 

ではまた