関西で働く外資系IT企業(GAFAM)サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていて感じたことを発信していきます。主に副業や投資、外資系への転職(各社に転職した友人の採用までの方法等)・・英語や筋トレ そして仕事での成功体験など皆さんに有益な情報を発信できればと思っています

【ビジネス】努力革命

どうもNaokingです。

 

最近実は読んだ本でメモを取る数が減ってきている事に気付きました

やはり成功者の多くは共通の行動をとっており、改めてメモを取る事の新鮮さが無くなってきている状況です。

 

当然知っている事をやっているか?

これが大事になりますが、知識データベースをここに書き留めていくという観点で見るとだんだんこの部後るに書いている内容が少なくなってきそうです。

 

と言う事で今日のテーマはこちら

【ビジネス】努力革命

今日の著書

今回の著書はこちら

 

こちら伊藤羊一先生と尾原さんの共作です

因みにこのタイトルはけんすうさんが作ったとの事で、なんかオールスターって感じですね。

 

タイトルは努力革命と抽象的ですが、内容はChat GPTをはじめとした生成AIを使いこなさないとビジネスマンに未来はない

こんな事を教えてくれる本です。

細かなプロンプトがどうこう・・

みたいな話ではなく、働き方が変わる事を教えてくれる本ですので、How toを求めている方は違う本を読みましょう

 

3つの変化

ビジネスにおける今までとこれからが大きく変わってきています

①80点のゴールから80点がスタートラインへ

②あらゆるものは個別化していく

③正解主義から修正主義へ

 

この共通点を自分の好きを追求する事

 

今間までの頭の良さとは、言い換えると暗記力や公式に当てはめて決められた正解にいち早くたどり着けるかでした。

これが今後『引き出しの多さ:知識量』と『つなげる力:推論力』を使い問題解決のために、課題を小分けにしていく力、そして課題のセンターピンを見つける力が頭の良さの定義に変わっていきます

 

PDCAからDCPAへ

P:計画

D:行動

C:評価

A:改善

 

これがビジネスにおけるベースサイクルでした

これがDCPAに変化していきます。

はしりながら考える、この意識が大事です

 

これは言い換えるとクリエイティブ経済の到来です

消費者であったたった一人がこれからはクリエイターにある双方向型の経済圏になります。

生成AIの力を使えば絵を描く事や動画を作る事も簡単です。

開発言語も学ぶから当てはめるに変わるかと思います。

 

いつでもどこでも学べる時代へ

生成AIを使うという事は時間の制限がなくなります

例え早朝でも、深夜でも、あなたの学びたいときに全く不満を言わない先生があなたの隣にいる状態になるんです。

 

まとめ

この本の骨子だと思いますが日本で常識とされていたものがこれからは逆の世界になる

 

 

これ面白そうだな・・自分に必要かも

こんな感覚がスタートラインに変わります。

さぁ学ぼう