関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信していきます。主に副業や投資、転職について・・英語や筋トレ そして仕事での成功体験など皆さんに有益な情報を発信できればと思っています

【ビジネス】仮想実績によるSTEP UPを図ろう

どうも、Naokingです。

今日も元気にBlogカキカキしていこうかなと思います・・

と言いつつ昨年11月に開始してから読者数も140を超えてきました

開始数カ月は前々、読者がいなかった事もあり

以前書いた記事のリバイスです(懐かしい・・)

 

 

 

 

f:id:Naoking0321:20200720162638j:plain

【ビジネス】仮想実績によるSTEP UPを図ろう

 

仮想実績ってなに??って思われた方もいらっしゃると思います。

ちょっとタイトルを忘れちゃったけど過去に読んだ本でこの言葉に出会いまいた。

 

サラリーマンにおける成功って何だと思いますか?

・お給料をいっぱいもらうこと?

・その業界で有名になること?

・早く出世してゆくゆくは社長?

 

様々ありますよね。

ゴールはさておき、僕のような40代の考えだとデフォルトのセオリーはこんな感じでした・・

 成功するために

・一生懸命仕事をして

・実績成果をのこして

・遅くまで仕事をがんばって

・マネジメントにも尻尾をふって

・社内政治の為に飲み会にも顔をだして

 

ひたすら努力の階段を上った先に見えるものって感覚がありましたが

この10年間で、すっかり成功のルートが変わって来たなと感じる事が増えました。

 

完全に『企業』から『個』にフォーカスが当たるようになりましたよね

 

俗に言うインフルエンサーという方々の登場やYoutuberなどが成功の定義を変えてきたのだと思います

 

そして面白い事にインフルエンスすること(アウトプットすること)は、実績を持っていなくてもできる(真似る)ので、上手にアウトプットしてくとバズる事があります

 

私の経験としても数年前に若くして入ってきた女性がこのIT業界を駆け上がっていく姿をみています

 

最初は「実績もないのに、オタサーの姫はうらやましいな」なんて僻みにも似た感情を持った経験があるのですが、『なぜあいつが??』と思った経験って多くの方がお持ちなのではないでしょうか?

 

ただしこれは、私も見習わないといけない事だなと最近は強く思っています

 

そこで今回のテーマ【仮想実績】につながります。

 

仮想実績とは、その名の通り実績を持っているわけではないが、行動がバズる事によりその人の名前が広まり、公の場に出る機会が発生し、結果として本当に実績のある優秀な方々と触れ合う機会が多く発生する

 

その優秀な方々の知見を直接、吸収することにより、一足飛びに実力が付くことを言います。

 

血みどろになりながら働いているのにOnz・・とお悩みの方がもいらっしゃるかと思います

ただ報われないと悩むのではなく、まずはアウトプットをしてみることを考えてみるのはどうでしょうか?

アナタは既に仮想ではなくリアルな実績をお持ちでしょうから、きっと上手くいくと思いますよ!!

 

ではまた