関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信していきます。主に副業や投資、転職について・・英語や筋トレ そして仕事での成功体験など皆さんに有益な情報を発信できればと思っています

【ビジネス】7月から新年度 在宅勤務のせいもあり、日常生活と変わらない日々

どうもNaokingです

7月ですね、今年もとうとう半分を切りました。

早いですね。

今年はコロナの影響で今までにない半年を過ごしておりますが、

世の中を見ると日本は日常に戻りつつありますね

 

ってことで今日のテーマはこちら

f:id:Naoking0321:20200702165220p:plain

 

【ビジネス】7月から新年度 在宅勤務のせいもあり、日常生活と変わらない日々

 

皆さんの会社は12月締めでしょうか?3月締めでしょうか?

多くの場合、どちらかがビジネスの締月の会社が多いですよね。

 

わが社、6月末が年度の締めという少し珍しい会社です。

 

もう既に今の会社で8年目に突入したので、この年度の締めについては何度も経験しているのですが、やはり慣れないです。

 

最初の会社は12月が締めでした

東京で働いてたこともあり、会社の最終日終わりで年末の帰省

会社スタートが年度のスタートという感じだったので、年の始まりと共にモチベーションをもって仕事に臨めました

 

2番目の会社は3月が締め。

多くの会社と同じです。世の中も4月がスタートなので桜を見ながら新しい年度に対してモチベーションもって取り組むことが出来ました。

 

そして今です。既に7回ほど経験してますが。

世の中の多くの企業はQ1、もしくは上期が終わり、これからビジネスに本腰を入れる雰囲気なのですが、わが社では、

・体制が変わりました・・

・グローバルイベントがあるので海外出張でほとんど日本にいません・・

みたいな生活をしているわけです。

 

まぁ身が入らない。

最終日とか納会みたいなのも無いですしね。

 

普段の年度末も普通に出社して、普通に帰る・・というのが通例でしたが

とは言え同僚とは年度の振り返りや新年度の体制などの会話をしている分、少し気の持ちようがあった感じです。

 

ただ今回はコロナ

基本在宅です。

残念ながら関西支店の同僚たちとは、既に4カ月ぐらい直接会ってません

 

いつものように6月30日は沢山のミーティングが入っていました。

そして昨日7月1日も朝から同じような仕事のスケジュールが入っていました。

 

なんやこれ??

 

ほんまに年度変わったんかい??

まぁ今年度のプラン作成に6月は翻弄されたので、そこから解放される喜びは

ありますが、実感はありません。

 

この辺って、外資より、やはり日本企業の方が大事にしますよね。

すごくうらやましいポイントです

 

おかげさまで、今期は大きな変更もないようで体制変更に伴う、初めましてのあいさつ回りは殆どなさそうです。

まぁF2Fで会って挨拶というのも難しい環境なので、特別な処置かもしれませんが・・

 

という事で私はおそらく皆様より早いFY21を迎えました。

 

ブログを書く上では、何も変化がありませんが、このタイミングでのクビはおそらく免れたので、今年1年もブログに精進してみようかと思います

 

ではまた!!