関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信

【人生】我が家に居座っている小雀と黒人差別の問題を考えてみた

どうもNaokingです

 

土曜日ですね、一昨日前はかなり暑かったのですが、今日は比較的

暑さもマシでゆったりできましたが・・・

と言いたいところですが、前回Blogでも書いた通り、我が家に居候中の小雀の

世話が大変で、今週はかなりお疲れモードなのですが。。。。

 

疲れた・・と言わず、今日も頑張ったというほうが気持ち的にも楽らしいので

今週は色々と頑張ってます

 

という事で今日のテーマはこちら

 

f:id:Naoking0321:20200606165957p:plain

 

【人生】我が家に居座っている小雀と黒人差別の問題を考えてみた

 

皆さんもニュースなどでご存知かと思いますが、白人警官により犯罪を犯した黒人が殺されてしまった件で、今アメリカでは大きなデモが起きています。

 

と言ってもニュースを見てると、このデモに応じて暴れたい人たちの暴動になってるように見えるのですが、この差別の問題って本当に難しい問題です。

 

黒人差別問題でApple Storeに強奪に入る・・って意味わからんっすもんね。

ただAppleさん流石です。

盗んだIphone使えなくしてるみたいですね。

 

jp.sputniknews.com

 

っと、まぁこの問題はコロナで打撃を受けているアメリカにとって経済復興を考えると非常に重たい問題なわけです

 

さて話変わって我が家なのですが、すっかり小雀もベランダ生活に慣れてきました

 

雀の巣立ちって調べるとざっくり2週間程度らしいのですが

我が家に来た時には、それなりのサイズであったことから来週のどこかで

我が家に居座ている小雀も巣立ちの時を迎えるんだと思います。

 

現状は、私が在宅勤務という事もあり、朝6時半ごろに起きて2階のベランダに出してあげると、母雀がやってきて餌を与えて帰っていきます。

 

これを夕方まで続けて、夜になるとお家に戻しダンボールで作った巣箱で朝までゆっくりしている生活を4日ほど続けています。

 

母雀も最近は羽ばたきの練習をさせているのですが、雀の家族愛をじかに見れて本当にうれしい限りです。

 

上手く羽ばたけるようになり、そして野生に帰ってもらいたい。(さみしいけど)

 

ただ今日、少しモチベーションが下がる事がありました。

 

我が家は、まとめて空いた土地に複数の新しい家がたった環境なのですが

残念ながら庭は無く、お隣さんとの距離は近いのです・・・

 

そして非常に残念なのですが、元々住んでいたお隣さんは、色々あって家を売り払っており、新たに入ってきた方は、おそらく潔癖症な感じのご家族です。(まぁ引っ越してこられて既に3年ぐらいたってますが)

 

 

当然、先日までいなかった雀の声が近くでピヨピヨ鳴いており、大きな雀が近くを飛び回っている事に気付いたようで、ちょくちょく二階のベランダを開けてじっと外を見つめています・・・

 

何故わかるかって、道向の家の窓に反射して映ってるんだもん。

 

声をかけられたら、雀を保護している事を伝えようとは思いますが、窓に映る顔が怖くて・・という状況で、今日は変にドキドキする1日です。

 

暑いので小雀を迎えに行こうとすると

隣の窓が開く音がする・・・思わず、しゃがんでしまい見つからないように家に引き込み、こわ~って感じです。

 

あとほんの数日なので理解してもらえるとは思うのですが、

彼女には彼女のルールと受け入れられない何かがあるのだと思っています。

 

私はどちらかというと地球が平和であれば良いという考えですが

彼女はおそらく自分の周りが良ければそれでよいという雰囲気です。

 

お互いが受け入れられない状況なわけです。

 

白人には白人の理由があり、行き過ぎた結果としてこのような事件にまで、なってしまったのかなと考えると、隣近所で起きる事も戦争も本当に些細な互いの意見のすれ違いでしかないのかもしれません。

 

とは言え、おそらく来週中頃には小雀とお別れになると思うのですが・・・

大変だったけど確実に泣いてしまうだろうな。

 

ベランダの鳥のフン跡を掃除するのが楽しみなような楽しみでないような

f:id:Naoking0321:20200606171204j:plain

飛ぶ練習ばかりでご飯をもらえずふてくされているぴーさんです

まぁ我が家にはハムさんもおるのでちゃんとこの子の相手もしてあげないと

f:id:Naoking0321:20200606171303j:plain

暑いので床で寝ているハムスケさん

 

 

ではまた