関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信

【生活】コロナによる在宅で気づいた注意点

どうもNaokingです。

ちょっとBlogの更新が滞っております

 

というのも、在宅勤務疲れがでてきているからかなと思ってます。

 

という事で今日のトピックはこちら

 

【生活】コロナによる在宅で気づいた注意点

カジュアルに気づいた2点をご紹介します

まず前提として、私はこんな状況です

 

①既に1.5カ月ほど在宅勤務をしている

②4月から顧客も在宅勤務となり仕事で出社、もしくは客先に行くことが著しく減った

③4月当初は顧客が在宅勤務に慣れておらず、予定が減っていた

④この2週間は顧客もWeb会議でのミーティングに慣れ普段の業務と変わらないスケジュール状況になってきた

 

①移動時間の大切さ

私は名古屋から九州がテリトリーという広い範囲を守備エリアとしていました。

本社は地方でもIT部門は東京という会社も多いため、東京出張も多いです

 

その為Blogでもよく新幹線で書いている事を書いておりましたが、

当然移動時間は今はゼロ時間です。

 

つまり以前は、必然的にインターナル/エクスターナルに関わらず、仕事の間を持つことが出来ていたわけです。

 

ただ今はどうでしょう?

正直移動時間が無いので私のスケジュールで空いているところで様々なミーティングをセットされます。

 

例えば先週は平均すると6つほどのミーティングが毎日セットされていました。

それもよくあるただ聞いていればいいミーティングは殆どありません。

 

ファシリテートから報告まで自分でやらないといけない事がてんこ盛りで詰まってくるわけです。

 

なので、物事を考える時間がなかなか取れません。

ミーティングが終わり、すぐに次のミーティングが始まる訳です。

 

 

本来であればその間に30分程度の移動時間(余裕を見ると1時間ぐらい移動で空きを取るでしょうか?)があるので移動中にミーティング後のアクションや、次のミーティングの落としどころを考えれていた事は非常にありがたい時間だったのです。

 

皆様も意図的にスケジュールをBlockしながら予定を組むことをお勧めします

 

②目の疲れに気をつけろ

これも舐めてましたね。

正直1日中Web会議なのでモニターをみて仕事をするわけです。

コーポレート系の職場の方だと当たり前だよって感じかもしれませんが

本来ミーティングの時にはPCを眺めるというよりも周りの方の話を聞く(一点を見続けることは無い)場があったりするので内勤の方でも1日中PCを見続ける事は少ないかなと思います

 

私の場合は営業なので必然的に移動があったので目のリフレッシュも容易だった分、

この負荷は非常につらいです。

 

普段ならよく家に帰ってまとめサイトTwitter このはてなブログの記事を読んだりしていたのですが、この数週間は夕方にはなんか目がゴロゴロする感じで疲労感があります。

 

言い訳っぽいですが、この疲れからBlogを書くのを控えてたりします(笑)

 

以前にこんなツールを準備しろ~って記事は書きましたが、

 

www.it-west.work

 

www.it-west.work

 

改めて気づいた事なので、皆さんも是非注意してみてください

 

良いゴールデンウィーク

 

ではまた