関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信していきます。主に副業や投資、転職について・・英語や筋トレ そして仕事での成功体験など皆さんに有益な情報を発信できればと思っています

【営業術】スキルとセンスについて

どうもNaokingです

今週も仕事が終わりましたね。

関西のメンバー年齢的にベテランが多く、結構出社率高いんですよね。

東京のほうががらんとしてる気がする。

ほんでもって今日は同じチームのベテラン営業の方とカジュアルなミーティングがありました、少し落ち着いて会話すると改めて色々な気づきがあるなと思い勉強になります

 

ってことで今日のテーマ

f:id:Naoking0321:20200313220204j:plain

【営業術】スキルとセンスについて

今回お話しをしたベテラン営業の方は、ずっとIBMで仕事をされてきた方です。

IBMといえば新卒から社員を育てる文化の会社です

新入社員は1年ほどかけて教育を受けて社会の荒波を渡っていく、ある意味で日本よりも日本っぽい体制をとっている外資系の会社です。

1時間ほど話をしました

 

私も40歳なんでもう18年ほど営業経験を積んでいますが

【当たり前にわかっている事・・でもちゃんと行動できていない事】

に気付かされることが多くありました

 

営業職におけるスキルとセンス

スキルとは

特定のものさしの上で測り証明できるもの

TOEIC800点 簿記2級 税理士資格などスキルを証明する事は簡単

 

センスとは

特定のものさしの上では測りきれないもの

自分はセンスがあります!!・・何をもって証明しますか???

 

スキルとは

身に着けている知識は優秀な人でも大抵同じ

・法務知識

・財務知識

・語学力など

 

センスとは

千差万別

 

スキルとは

投入努力と成果の因果関係が明確

努力をすればたいていの場合伸びる

 

センスとは

投入努力と成果の因果関係が不明確

努力の空回りも多々あり

 

スキルは身につけるものでありセンスは磨くもの

 

 

という事をお話しいただいたのでそのままシェア

 

 

ちなみに私的な営業として仕事をする際に必要なPointを付け加えるとすると

まずは上級スキルをゲットする努力をするのが良いと思います

 

情報を取捨選択する力を得るために役立つのは、一つでも良いので何かの分野で上級レベルまで達した経験を持つことが成長につながると思います

 

一つの事を上級の域まで高めた経験があると、新しい知識や技能をマスターする必要に駆られた際に、どのような視点で取り組めば良いかが既に経験があるので分かります

つまりスキル習得の為の努力に対する恐怖感がなくなり、自分自身に対して信頼感が生まれます

 

逆に一つの事も上達した経験が無いと勘所がつかめていない結果、中途半端にしか上達できず思うような結果につながらない事があり得るからです

 

ドラクエなどでも上級職になるためには、1つの職業をある一定まで高めてからクラスチェンジできるわけなので、まずは一つでも振り切るスキルを作ることをお勧めします

 

まぁ的を定めないと矢は打てませんしね

 

ではまた