関西で働く外資系IT企業サラリーマンのあれこれ

関西圏で働いていてあれこれ感じたことを発信

乾けない世代の金の使い方

どうもNaokingです

出張から帰って来たのでBlog書いてます。

今日はアカウントマネージャさんと営業で長く一緒だったのですが

その時に出てきたお話しです

 

乾けない世代の金の使い方

f:id:Naoking0321:20191205204323j:plain

 

naoking0321.hatenablog.com

 以前にモチベーション革命という本を読んだ時に少し触れたのですが

私の年齢は乾いた世代と乾けない世代のちょうど間に位置しています。

その中で私はどちらかというと乾けない世代なんですね。

 

サラリーマンとしてはそこそこお金をもらえている状況ではあるのですが・・

使い道がない。

今日一緒だった営業さんも転職回数が多いので一見お金儲けの得意なJob hopperに

見られがちですが色々話をしてみると同じような感じでした。(まぁ私よりも稼がれてますけどねOnz

 

AMのミーティング PMからの別のミーティング その間で少し時間があったので

二人でなぜなのか??を議論してみました。

まずふたりの状況

家:すでに買ってしまっている。ローンはあるけど、返済用のお金は既に準備済み

車:高級車には興味なし。ミニバンあれば十分だよね

服:特に大したこだわりなし

食べ物:特にこだわりなし。正直ふるさと納税上手く使えば、結構食費もかけなくても生活できちゃうよね。回転寿司食ってれば家族も大満足

投資:まぁほどほどのやってるけど、そこで大きくリターンを期待するとストレスに感じることが増えるから控えめにやっておこう程度

 

結論:子供の教育と健康にのみお金をつかっていました。

こういう人って結構多いんじゃないかなと思うんですがいかがでしょうか?

 

なぜそうなった?

40代前半の人たちって以下経験してますよね

・受験戦争

就職氷河期

 

競争させられ、就職の時には就職活動に苦労している。

入った後も経済低迷してて他国にも追いつかれ追い越されてる日本しか見てない

失われた10年の中でお金持ちと貧乏の格差のみが広がっていく・・

 

自制精神鍛えられすぎちゃて欲無くなったったよね・・というのが二人の結論でした

 

リハビリが必要?

では、お金を貯めてさっさとサラリーマンから卒業したいのか?と聞かれると

全くそんな気はしないんですね。

新しいテクノロジーは大好きだし、それをお客さんに提案する立場はすごく楽しい(しんどい事のほうが多いですが)

つまり仕事は大好き・・仕事を続けつつ

Blogやコミュニティなど新しい刺激を受けて新しい出会いから自分がやりたいと思えることを見つけていくしかないんでしょうね

 

ではまた